FC2ブログ
プロフィール

ヘアーサロンアイバ

Author:ヘアーサロンアイバ
横須賀市追浜東町3-1          
営業時間 8:40~19:00         
定休日  毎週火曜・第2第3月曜日 
TEL    046-865-4310         
電話予約を承っております

Calendar
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

テーマ
アクセスカウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

春の尾瀬~後編

06 23, 2014 | 尾瀬

6 Comments

23_convert_20140620154309.jpg

燧ヶ岳が水面に映る“逆さ燧”のスポット♪
風もないので水面も揺れずキレイに見えました(^O^)

25_convert_20140620154359.jpg


牛首分岐からヨッピ橋方面に向かったけど、今回はヨッピ橋から先の東電小屋には向かわず竜宮小屋方面を目指して行きます


27_convert_20140620154437.jpg

前回は通らなかったルート

ヨッピ橋手前から竜宮小屋に行く途中、“逆さ至仏”がキレイに見れるポイントを発見しました(≧∇≦)

26_convert_20140620154419.jpg

そして足元で何かが動く気配が…


蛇~‼︎

カエルもたくさんいるこの時期、蛇もエサには困らないでしょうね(笑)

28_convert_20140620154454.jpg

竜宮小屋でお昼ご飯!

と行っても時間はまだ10時(笑)

29_convert_20140620154513.jpg

天気だけど気象情報では雷注意報が出ていたらしいです…



至仏山荘で作ったもらったお弁当!

30_convert_20140620154531.jpg

竜宮小屋からすぐにある川にはたくさんの川魚が泳いでいました

31_convert_20140620154549.jpg

昼休憩を終え山の鼻へ引き返します

木道の間からキバナノコマノツメが可愛らしく咲いてました

34_convert_20140620154643.jpg


竜宮現象

湿原を流れる川の水が一旦地下に潜り、再び地表に湧き出る現象らしくたしかに渦を巻いてます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

35_convert_20140620154702.jpg

カエルの合唱は終始聞こえていたけど結局一度も見れず

36_convert_20140620154722.jpg

カエルの変わりにヤモリが泳ぐ姿は見ることができました

38_convert_20140620154800.jpg

燧ヶ岳の方向から少しづつイヤな雲が増えてきたけどあとは鳩待まで戻るだけなのでなんとか雨はもちそうです

39_convert_20140620154819.jpg

可愛い花だったので撮ったけどいろいろ調べた結果、結局わからず…

40_convert_20140620154839.jpg

同年代の仲間と山の鼻から鳩待峠まで一気にかけ上がり記念撮影!

みなさんお疲れさまでしたー♪

41_convert_20140620154857.jpg

生ビールを飲もうと思ったけど花豆ソフトをごちそうになったのでこれで満足♪

42_convert_20140620154917.jpg

以外とクリーミーな感じでなくサッパリしてて美味かった~(^。^)

秋は水面に浮かぶ浮き草と紅葉が素晴らしかったけど春は新緑のグリーンと春の花々、そしてお天気にも恵まれクリアな青空で最高の遠足となりました♪

役員の方々、お疲れさまでしたo(^_-)O

~Fin~

春の尾瀬~前編

06 21, 2014 | 尾瀬

4 Comments

33_convert_20140620154625.jpg


2年ぶりに尾瀬へ行ってきました♪

前回、初めて訪れた尾瀬は初秋の景色を見れたけど、今回はピークは過ぎたものの水芭蕉やほかの春の花々を見ることができるので行く前からワクワクのハイキングでした~(^O^)





今回は横須賀の同業者✂︎の春の日帰り遠足で尾瀬になり参加させていただきました

1_convert_20140620153549.jpg


集合場所も横須賀中央なのでとっても楽でした

夜22時横須賀中央を夜行バスで出発!

道中は楽勝で寝れると思ったけど…
バスの揺れと同じ姿勢でお尻が痛くなり結局浅~い仮眠程度でしたzzz


朝4時の気温は眠さも吹っ飛ぶ9℃

久しぶりのヒヤッとした空気を体感しました(寒)

2_convert_20140620153608.jpg

予約してあった4時40分のマイクロバスに乗り換え鳩待峠へと向かいます

今年は雪が多かったせいか鳩待峠駐車場にはまだまだ雪がてんこ盛りになってました

3_convert_20140620153630.jpg

さっきまで薄暗かったのにこの時期になると太陽が昇り始めるとあっという間に明るくなりますね

4_convert_20140620153649.jpg

準備運動やトイレを済ませ、集合写真を撮りゆっくり時間をかけて山の鼻まで下ります

5_convert_20140620153707.jpg

バスで簡単に上がって来たけど丹沢の山頂なみの標高1591m…どおりで寒いはず

6_convert_20140620153725.jpg

しばらく下ると木々の隙間から至仏山がキレイに見えました

まだまだ山頂付近には雪が残ってます

7_convert_20140620153744.jpg

下り途中シラネアオイが綺麗に咲いてました

8_convert_20140620153804.jpg

9_convert_20140620153822.jpg
水がきれいでと~っても冷たい!と言っておりました(笑)
10_convert_20140620153840.jpg

山の鼻に到着

ここでトイレを済ませておかないとこの先、尾瀬ヶ原では東電小屋か竜宮小屋までないので要注意‼︎

12_convert_20140620153918.jpg

用を足しにいかなかったわたしは案の定竜宮小屋へ向かうあたりから我慢との戦いでした(汗)

13_convert_20140620153938.jpg

わたしのコンデジでは速すぎて撮れなかったけど、数え切れないほどのツバメが飛び回ってました

14_convert_20140620154000.jpg

至仏山は植生保護のため7月1日から山開きになるそうですよー

いつか登ってみた~い山のひとつなのですo(^_-)O


15_convert_20140620154022.jpg

ここから尾瀬ヶ原!

5月下旬~6月上旬がピークの水芭蕉なので期待はしていなかったけど、なんとかかたちを保っていてくれました(^O^)/

16_convert_20140620154042.jpg

夜中の関越道ではどしゃ降りの雨だったので正直不安だったけど…

日頃の行いがよいのか雲ひとつない真っ青な快晴♪(笑)

17_convert_20140620154102.jpg

遠くに見える水芭蕉の群生

18_convert_20140620154123.jpg

ワタスゲの群生も可愛らしかった~

19_convert_20140620154146.jpg

ウソかホントか聞いた話しによると至仏山は朝方がきれいに見え、燧ヶ岳は昼近くからきれいに見えるらしいです(笑)

20_convert_20140620154207.jpg


木の緑と空のブルー!♪

21_convert_20140620154228.jpg

この辺りからずーっとカエルの合唱が響きわたります
22_convert_20140620154251.jpg

360°見渡す限りの広大な尾瀬ヶ原にテンションは↑↑です(^O^)

24_convert_20140620154334.jpg


~つづく~

西丹沢~檜洞丸 後編

06 11, 2014 | 檜洞丸

6 Comments

19_convert_20140605190910.jpg

山頂を下り始めたところから後編は始まります

下って早々満開♪

紅葉時期の檜洞丸も良いだろうけどツツジ満開の良い時期に来れ計画してくれたTくんには感謝感謝ですo(^_-)O

20_convert_20140605190927.jpg

谷に白っぽく見えるのが最初に来たゴーラ沢だと思います(たぶんですが)

ひざが震え、笑ってるので下りの傾斜は腰がひけちゃいました(笑)

21_convert_20140605190950.jpg

途中このような物が何カ所もありました

22_convert_20140605191008.jpg

他にも“山♡”などもありましたよ(笑)



2,3ヶ所の鎖場を下ることになるのて軍手が必須です

23_convert_20140605191027.jpg

実は結構ビビってますf^_^;)


24_convert_20140605191046.jpg

行きも登るたび雰囲気が変わったけど下りは木道→稜線→鎖場→森林→雑木林と変わり今まで行った丹沢山系の中でも一番いろいろ凝縮されている山かも♪

25_convert_20140605191104.jpg
IMGP5673_large_convert_20140608142320.jpg

途中小刻みなアップダウンを繰り返しかなり疲れましたが2個目のウィダー的なドリンクでエネルギーをチャージし犬越路まで来ました

IMGP5682_large_convert_20140608142341.jpg

この時点で16:25のバスにギリギリ乗れそうなので休憩もそこそこにして次の目印、用木沢出合を目指します

27_convert_20140605191208.jpg

杉林ひひたすら下ると(滑りそうな場所が多々有り)沢や川、滝などマイナスイオンスポットになります

28_convert_20140605191228.jpg

汗でベトベトなので思わず飛び込みたいくらい(顔は洗いましたが)

30_convert_20140605191310.jpg

木橋を何カ所も渡ります

31_convert_20140605191335.jpg

用木沢出合付近から車道に出るまでの1時間は川沿いを歩き川の音にとっても癒されました♪

IMGP5718_large_convert_20140608142428.jpg

16時過ぎに何とか車道に出ました

16:25発のバスまで18分しかないので走るハメに…( ̄O ̄;)

IMGP5732_large_convert_20140608142450.jpg

時間が危ういってのに隊長Tくんが通り道にあるキャンプ場の売店で皆のビールを買ってきてくれましたー♪

IMGP5736_large_convert_20140608142508.jpg

バスにギリギリ間に合ったけど息がキレキレ…(; ̄O ̄)

ラスト500mのダッシュは今回で1番しんどかったかも(笑)


走ったおかげで最近で1番美味しいビールでしたけどね^_^;


🚃🚃🚃🚃🚃🚃🚃🚃🚃🚃🚃🚃


今回のメンバーはみんな横須賀なのでわたしの街、追浜駅からすぐの“韓国風居酒屋かえりがけ”でお疲れさん会♪

・難シ論convert_20140605191530

ん~!至福の一杯♪

33_convert_20140605191407.jpg
34_convert_20140605191423.jpg

韓国風モツ煮

36_convert_20140605191457.jpg
ピリ辛スープにトロトロのモツ!
疲れたカラダにサイコ~です


今はなきレバ刺しに代わるハツ刺し
IMGP5742_large_convert_20140608142529.jpg
生ニンニクたっぷりで疲れた体にもってこいだけど次の日、口がどうなっても知らんよ~(笑)

いろんなモツが入ったミックス炒め
37_convert_20140605191513.jpg

外ではアームレスリングもできちゃう不思議で魅力的なお店なのです♪

西丹沢~檜洞丸 前編

06 08, 2014 | 檜洞丸

4 Comments
IMGP5641_large_convert_20140608142240.jpg

山仲間4人で西丹沢の檜洞丸に行ってきました♪

前回の蛭ヶ岳、今回の檜洞丸とどんどん丹沢の奥地へ突入^_^;


1_convert_20140605190046.jpg

追浜から新松田駅まで電車でおよそ2時間弱!

さらに新松田駅から登山口がある西丹沢自然教室までバスで70分

登山口近くには無料駐車場もあり、また次回行く機会があったら間違いなく車で来るところでしょ!と電車の中で、バスの中で思ったわたし…^_^;



ピストンで行くグループもたくさんいましたが、同じ道を戻るのは登りの辛い時に何故後で戻ってくるのにこんなツラいことを?…と登る意義を見失ってしまうわたしなのでなるべく違うところから下るようにしてます。

なので今回は距離が長かろうと時間がかかろうと周回です(≧∇≦)

IMGP5538_large_convert_20140608142059.jpg

新緑とツツジが見頃な時期なので平日にもかかわらずバスも満席、自然教室付近の無料駐車場も満車でした

2_convert_20140605190126.jpg

車道を5分ほど歩くと登山口

木橋をいくつか渡りゴーラ沢出合までは緩やかな登りで川音と沢から涼しい風が吹き歩いていて気持ち良かったです♪

3_convert_20140605190145.jpg

だれも落ちることなく(笑)ゴーラ沢を無事渡り軽く小休止

ゆるやかなのはここまで!

ここから山頂までは登り一辺倒なのでウィダーイン的なもので栄養補給をし山頂を目指します

4_convert_20140605190202.jpg

最近アミノ酸とかエネルギーとかいう言葉にやたら目がいき、飲めばなんだかイケそうな気がする!と今回も2つ持ってきてしまいました(笑)


衣笠から来たという面白いおっちゃんグループと出会い、ガイドできるくらい山に詳しいので後ろから着いて歩くことに(笑)

5_convert_20140605190219.jpg

6_convert_20140605190234.jpg

どんどん急傾斜になり手を使う所も多々あります

IMGP5566_large_convert_20140608142120.jpg


ゴーラ沢から登ること1時間、見晴らしの良い展望園地

7_convert_20140605190251.jpg
晴れていれば富士山が良く見えるらしいけど今回は残念 …

梅雨入り直前なので来れただけ幸せです

8_convert_20140605190308.jpg

このあたりからシロヤシオが綺麗に咲き乱れ今がサイコ~の見頃♪

IMGP5596_large_convert_20140608142200.jpg

9_convert_20140605190457.jpg

1400mあたりまで登るとトウゴクミツバ(多分)が満開♪

10_convert_20140605190611.jpg
11_convert_20140605190630.jpg

山頂手前からはブナに囲まれた木道になり歩きやすい♪

この付近の木道は登山口のためでなく植生保護のために木道があるようですね


12_convert_20140605190651.jpg

歩き始めてから3時間(汗)

14_convert_20140605190728.jpg

檜洞丸(1601m)に登頂

18_convert_20140605190848.jpg

愛妻弁当持参のUっちー、ラーメンを煮るSちゃん、パスタを茹でるT隊長(年下だけど)笑

IMGP5628_large_convert_20140608142220.jpg

わたしは山頂でセブンイレブンのとろろそば…^_^;

16_convert_20140605190808.jpg

T隊長が驚愕の肉持参‼︎ (◎_◎;)

ニンニクスライス入りの香りぷんぷんの牛肉!サイコ~♪

ごちでした~♪

15_convert_20140605190745.jpg

おなかも満たされたのでここから下山です‼︎


~~後半へつづく~~






丹沢山~蛭ヶ岳ピストン

05 23, 2014 | 丹沢山

6 Comments
今週こお休みは久々にお天気にも恵まれたので丹沢山~蛭ヶ岳まで行ってきました

毎週火曜っていうと天気が悪くたしか4週間ぶりの快晴だと思います



ガッツリ山歩きをするのは昨年の12月以来なので気持ち的には楽しみ3割、不安7割(笑)

蛭ヶ岳まで行くにははうちらの脚じゃとても夕方までに下山できる距離の山ではないのでO君に車を出してもらい宮ヶ瀬の塩水橋に停め登り始めました

なので今回は来た道を戻ってくるピストンなので下りの写真は撮りませんでした。というか色々あって撮る余裕がありませんでした(笑)


入口からいきなり!


山仲間Tくんも半年前にこのあたりの山クマさんに出会っているので(その距離60m)一応熊よけ対策にポケットラジオを持参!



リュックからFMヨコハマでもガンガンに流しこれで熊よけ対策はOK♪(笑)

後は山ヒルもいるらしいのだけれど地面が湿った雨の日や翌日に出没するらしいので今回は数日雨も降ってないので大丈夫でした



作業車のみ通れる塩水林道を1時間ほどかけて登山口まで歩くのだが、途中10~15分ショートカットできるコースを見つけ少しでも楽をしようとしたのが逆に悲劇の始まり…


迷いに迷って靴の中まで土が入る始末…

泣く泣く引き返し、結局ショートカットするつもりが1時間のロス…( ̄O ̄;)


この1時間のロスは精神的、肉体的にこたえましたが各々水分補給タイム!

早くも日本酒を飲んでるヤツが!(◎_◎;)



そんなわけでこのままのペースで行くと下山すらできるか微妙なので山頂で食事する時間をカットして小刻みに食べていくことにしました(汗)



登山口からは丹沢山山頂まで3時間のひたすら登りです



結構バテバテで上を見ると気が遠くなるのでひたすら足元だけ見て無心で登りました



FMから流れてくるGReeeeNの“風”がとても耳に残り、今は1日1回は聴くほどハマってしまいました(笑)



鎖場ありの急傾斜

落ちたら間違いなく奈落の底でしょう

バンジージャンプも怖くなかったわたしだが歳のせいか腰がひけました(汗)

老いを感じましたね(笑)


山頂付近の山桜(たぶん)

出会ったベテランのハイカーが言ってたので間違いないと思います(笑)



ロスした1時間も含め4時間かかって丹沢山頂到着~(疲)



山小屋に蛭ヶ岳までの時間を聞きに行ったついでにピンバッチを購入♪


丹沢山から蛭ヶ岳までは1時間40分くらいかかるそうなので休む間もなく出発します…^_^;



3.4kmアップダウンをくりかえします(汗)



時間がないのはわかってるんだけど…

脚が限界気味なので5分ほど寝ました(笑)




1時間歩いたけどまだまだ遠い…




歩き始めて6時間(疲)

P1100702_convert_20140523113844.jpg

蛭ヶ岳山頂です~(^O^)

が、感動とかより疲労と下山を考えると喜びに浸ってる時間はなく、このとき時計の針は14時…

こんな時間に山頂へいるのは山小屋泊の人くらいしかいないので喜びにつかる間もなく、とっとと引き返します^_^;

P1100705_convert_20140523113937.jpg

さようなら蛭ヶ岳!

辛かったのでもう来ることはないかも(笑)


今時期、日が長いのが救いでヘッドライトを使うこともなく4時間かけてなんとか18時半に下山…

いや~キツかったぁ^_^;





車でOくんの子安に戻りお疲れさん会♪

脚を引きづりながら向かったお店はもつ鍋の名店“きしや”



この1杯が疲れた身体に染みる~♪



噂どおりもつ鍋もサイコーに美味かったが疲れた過ぎと脚の痛みでたいして呑めれず…



カラダはボロボロになったけど始発から終電近くまでたっぷり遊んだ1日でした*\(^o^)/*

« Prev Page Next Page »