プロフィール

ヘアーサロンアイバ

Author:ヘアーサロンアイバ
横須賀市追浜東町3-1          
営業時間 8:40~19:00         
定休日  毎週火曜・第2第3月曜日 
TEL    046-865-4310         
電話予約を承っております

Calendar
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

テーマ
アクセスカウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

冬山デビュー♪  塔ノ岳

02 04, 2016 | 塔ノ岳

4 Comments
冬の丹沢塔ノ岳を登ってきました^o^

急に山仲間から冬山のお誘いがあり、雪を踏みに行こう!と冬嫌いなわたしには理解不能な誘いに半ばのせられ、断る理由もなく…
結果、流れで行く覚悟を決め、急遽モンベルでアイゼンを購入!

ここ最近、全くカラダを動かしてなく、完全off状態だったので楽しみというより不安の方が完全に勝っていたけど…行く!と言った以上覚悟を決め、いざ!冬の丹沢へ

前日の夜に少し雪が降ったようで下の方でも所々葉などに薄っすら雪が積もってました
今回はとにかく滑ることを注意しながら慎重に歩くのがテーマ

寒さを想定してがっつり厚着して来てしまい大失敗…
気温は低くてもダウンを着ているとカラダの熱がこもって暑い暑い…(大汗)
冬山でも着込み過ぎは要注意と学びました~_~;

ただし、休憩すると一気に冷えるので、それも注意
すき間から富士山が一瞬拝むことができましたが…

結局、見れたのはこれが最初で最後…
枝の先の雫が凍って氷の華~♪自然が作り出し芸術作品ですね

このあたりから久々のストック登場‼︎

先ほどの凍った雫から30分程登っただけで、また違った作品になる霧氷♪
弱まった枝は氷の重さで折れてしまうことも多々あるようです

花立山荘に到着!

ここから先は本格的に雪が積もってるので、先日購入したアイゼンの出番!

初アイゼンを使用した感想は…爪が雪にガッチリと突き刺さり、安定感抜群ですね♪

その代わり、雪のないところはクッションが効かないので足首がちょっとツライ^_^;)

山頂手前の金冷し付近

ラッキーなことに風がなくて助かる~

山頂まで続く長~い木道も雪で完全に覆われて歩きやすい

重さで垂れ下がる枝も所々あり注意しないと頭に突き刺さるかもよ(笑)

ずっとモヤってたけど山頂付近で晴れてきて美しい氷の華に感動♪キツかったけど来て良かったた!と思った瞬間(^。^)

4時間近くかかったけど1度もコケることなく無事山頂に到着!
新緑の春、紅葉の秋と何度も来ているけど雪景色は別格です‼︎

寒さで外で食べる気にならなかったので尊仏山荘に逃げ込み、ビールで祝杯(^。^)

久々の山頂で食べるカップヌードルがサイコー♪

この冬、寒さで縮こまってたわたしを半ば強引に誘ってくれた仲間に感謝かな(笑)


下山後、温泉でカラダを温め、野毛の番人S氏と野毛で合流し反省会(^。^)
カキフライ&刺身に冷酒‼︎幸せ~♪

紅葉のハイキング/西沢渓谷

10 21, 2015 | 西沢渓谷

4 Comments
半年ぶりの山歩き♪
横須賀同業者✂︎のバス旅行に参加し、西沢渓谷に行ってきました

紅葉も色づき始め、絶好のハイキング日和にテンションも上がりました⤴︎⤴︎
二俣吊橋から大久保の滝、三重の滝etc、渓流沿いを歩き水辺は癒されます(^-^)

陽の当たる所は、見事なコントラストでしたよ♪

いろんな滝があり過ぎて名称がわからなくなったけど…多分、人面洞だと思います

一緒に同行した4歳児の男の子も所々、根っ子や岩につまずいてたけど頑張って完走しました(^-^)

侵食によって作り上げられた母胎淵

そして西沢渓谷最大の落差およそ50mの絶景スポット、七ツ釜五段の滝!
日本の滝百選に選ばれることだけのことはある迫力ある滝でした♪


五段の滝を過ぎ上がりきれば旧森林軌道
後はなだらかに下るだけ(^-^)

天気にも恵まれ風も冷たくなく、久しぶりのハイキングで心もカラダもリフレッシュできました♪
西沢渓谷はとても素晴らしいハイキングコースです

2015初ハイキング/大野山

03 12, 2015 | 大野山

2 Comments
4ヶ月ぶりの山歩きで足柄上郡にある大野山に行ってきました♪
山歩きと言ってもT企画隊長がアサヒビール工場見学の予約と松田駅近くの試飲ができる酒造もチエックしてくれたので後半はほとんど呑みまくりのだったので純粋な山歩きとは言えないけど…(笑)
1a.jpg
今回はほぼフルメンバー、7人も集まり楽しさも倍増‼︎^o^

みんないろんな方面から来るので御殿場線、谷峨駅で集合!内心一人くらいは遅れてくる者がいるかもと、思ってたけどみんなちゃんと時間通りの電車に乗っててスゴ~い(笑)ちなみにこの御殿場線、ドアは押しボタン式なのでドア前で待っていても開いてくれないので要注意です(^^;;

2a.jpg

登山口まで長閑な畑道を歩いて行きます。奥の赤い橋は東名高速道路

3a.jpg
立派で頑丈そうな吊橋を渡ります
4a.jpg
緩やかな登山道で久々の山歩きなので助かる~
5a.jpg

歩き始めて1時間ほどでイヤな雨…(・_・;

6a.jpg

雨宿りで休憩した途中の東屋に美味しそうな無人販売がありました

7a.jpg

天気はどんどん下り坂⤵︎写真ではよくわからないけど風も強くなり小雨→霰になり顔が痛い~(>_<)

8a.jpg

9a.jpg
このような木彫りの動物が所々にあります

あの下から登って来たのでじっくり眺めたかったけど、横殴りの霰で顔が痛くここから山頂までは黙々と登ることに…

11a.jpg

晴れていればダイナミックに見えたであろう富士山も今回は半分くらい雲に覆われてました
10a.jpg

大野山山頂に登頂♪(723.1m)久しぶりの山歩きにはちょうど良い距離かな(笑)

12a.jpg
ここで昼食の予定だったけど横風でハンパなく寒いので、もう少し下ってからちゃんとしたお昼にすることに!
13a.jpg
ここでは軽く小休止、とっとと下山しました

14a.jpg

登りとはウソのように晴れ、気温もぐんぐん上がりキレイな梅も見ることができました
15a.jpg

16a.jpg
下山途中で通りかかった日本で一番 山の中のボクシングジム(笑)
17a.jpg

下山してから一般道を1kmちょい歩き日本の滝百選『酒水の滝』へ向かい、その後アサヒビール工場へ向かいます

18a.jpg
~つづく~

丹沢山~蛭ヶ岳

11 12, 2014 | 丹沢山

2 Comments
P1100775_xlarge_convert_20141112145308.jpg


半年前にも訪れた丹沢山~蛭ヶ岳にまたまた行ってきました!

丹沢と言っても蛭ヶ岳にピストンでは登山時間がらくらく10時間はかかり、前回もあまりにもキツかったのでもう2度と蛭ヶ岳には来るまい!と思ってましたが自称“丹沢マスター”を名乗る山仲間Aの誘いに断れず(汗)正直不安いっぱいでしたσ^_^;



前回は陽が長かったので8時スタートでしたが、今はそんな時間にスタートしたら下山時に真っ暗になってしまうので追浜を4時出発の今回も塩水橋から6時スタートです


0014_xlarge_convert_20141109182248.jpg

この時期の朝6時はかなり寒く真っ暗だけど登山口まで塩水林道を歩くうちに陽が昇りだし、あっと言う間に明るくなってきました

0005_xlarge_convert_20141109182225.jpg

暗くてよくわからなかった山の色合いも陽が差すとともに気がつけばキレイな紅葉でした

0019_xlarge_convert_20141109182315.jpg

前回、ショートカットのつもりで入ったワサビ沢出合!結局1時間迷い精神的、肉体的にかなり消耗してしまった、わたしの中で一生忘れられない道(笑)

0020_xlarge_convert_20141109182347.jpg

さすがに同じ過ちは繰り返さないけど、やっぱりわかりづらい入口だ

0023_xlarge_convert_20141109182416.jpg

丹沢山まで3時間ひたすら登ります

前回バテた経験を活かし今回は1時間に5分小休止し、適度に栄養補給しながら空腹にしない山登りの鉄則で歩いたら結構高価ありました(笑)

58_convert_20141109182828.jpg

途中、ファイト~1ぱ~つ!と心で言いたくなるような鎖場があるけど3点確保で登れば問題なし!

ただし、下りで薄暗かったらかなりの恐怖だと思いますσ^_^;

0059_xlarge_convert_20141109183034.jpg

鎖場を登り終え、木道までくれば丹沢山はもうすぐそこ♪

0070_xlarge_convert_20141109183100.jpg

山頂は雲一つない澄んだ空!

丹沢で富士山がこんなにキレイに見えたのは初めてかもー(^O^)

73_convert_20141109183129.jpg

蛭行って戻ってくるけど富士山がキレイに見える内に記念撮影!

この地点で9時30分!予定通り順調にここまで上がってこれたので、このまま蛭まで突っ走ります

0077_xlarge_convert_20141109183226.jpg


丹沢山~蛭ヶ岳までは1時間半のアップダウンの繰り返し~_~;

前回はめちゃくちゃキツく感じたけど2回目だからか景色が素晴らしかったからか何とか大丈夫でした

0078_xlarge_convert_20141109183257.jpg

雷岩の間から見える富士山

0096_xlarge_convert_20141109183323.jpg

急斜面は膝にこたえるけど、ここまで来たら後少しなので…

わたしは少し腰がひけましたがf^_^;)

みんなはスムーズに下りてました

97_convert_20141109183347.jpg

山頂にポチッと小さく見える蛭ヶ岳の山小屋

101_convert_20141109183417.jpg

ラスト一山!気力を振り絞り無心で登ったのでこの間ほとんど会話なし~(-。-;

0102_xlarge_convert_20141109183445.jpg

歩き初めて5時間半!11時間40分 神奈川県最高峰 蛭ヶ岳(1673m)に登頂~(爆疲)

0109_xlarge_convert_20141109183509.jpg

風は冷たいけど直射なので気持ちが良い


15分ほどの昼食を済ませ、この日2本目のアミノバイタルで栄養補給し来た道を戻りますf^_^;)


115_convert_20141109183547.jpg

宮ヶ瀬ダムや東京都心部のビルもキレイに見えたけど、下りは口数がかなり減ってました~_~;

116_convert_20141109183614.jpg

3時間の下り一辺倒…

0129_xlarge_convert_20141109183647.jpg

登りの疲れがどっと出て膝ガクガク、太ももパンパン、腰激痛でかなり泣きがはいったけど16時に無事下山できました♪

0135_xlarge_convert_20141109183714.jpg

塩水林道のアスファルトの坂なので1時間のダラダラ下り坂はキツかった~

今度来る機会があったら車に折りたたみ自転車でも積んで爽快に下りたいかも(^_^)

大菩薩峠…

10 24, 2014 | 大菩薩峠

2 Comments
美しい稜線と2000mからの絶景が手軽に味わえる大菩薩峠に行って来ました♪



が、ごらんのようにガス、ガス、ガスで何も見えな~い・・・(涙)

日頃の行いが悪いのでしょうか・・・(汗)



追浜(6:16)→横浜(6:49)→八王子(8::09)→高尾→甲斐大和(9:27)と3時間以上電車に揺られ、日川峠行きのバスがある長閑な甲斐大和駅に到着(疲)




ここから日川峠までバス(¥1000) でさらに50分!



家からここまで4時間半…長かった~


着いた時には早くも電車疲れしてましたねぇ~_~;

相方はここに着くまで早くもワンカップを空けてしまい気持ちよくなった様子(笑)




ここからの~んびり福ちゃん荘まで歩きます


甲斐大和からタクシーでここまで来た方に聞いたところ¥6000くらいらしいので4人で乗ればバスより早くアリかも♪



この辺りまではまだまだ天気は悪くなかったのだが当日の予報よりも肌寒い~



先に大菩薩嶺(2057m)を目指します

途中から綺麗な紅葉がちらほら♪



この辺りはまだモヤってなかったけど…



山頂付近からだんだんとガスがかかり何にも見えな~い(涙)



雷岩に到着も視界は悪く10m先は真っ白…



所々に皮の剥がれた木があったけど熊の爪痕か?



大菩薩嶺に到着も寒さに苦笑いf^_^;

気温一桁、雨もパラパラなので即刻退散



山頂で景色を見ながらゆっくり昼メシといきたかったけど、雨が強くなっては困るので、とっとと下山します(涙)



“さいの河原”という避難小屋がありしっかり泊まれそうな広さがあります


大菩薩峠へ下る途中の2000m地点!

この辺りからいくらか霧も薄くなってきたけど景色は全く見えない



結局大菩薩峠でも視界が悪く…寒すぎるのでそのまま休憩を取らず一気に福ちゃん荘まで下りました



途中の紅葉は少しずつ色づき始めてましたがピークはもう少し先でしょうね



晴れていれば大菩薩峠から素晴らしい富士山や南アルプスが見れたのに残念でした…(;_;)

必ずやリベンジしたいと思います!

できれば次来るときは車がいいな(笑)

Next Page »