プロフィール

ヘアーサロンアイバ

Author:ヘアーサロンアイバ
横須賀市追浜東町3-1          
営業時間 8:40~19:00         
定休日  毎週火曜・第2第3月曜日 
TEL    046-865-4310         
電話予約を承っております

Calendar
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

テーマ
アクセスカウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹沢山~蛭ヶ岳

11 12, 2014 | 丹沢山

2 Comments
P1100775_xlarge_convert_20141112145308.jpg


半年前にも訪れた丹沢山~蛭ヶ岳にまたまた行ってきました!

丹沢と言っても蛭ヶ岳にピストンでは登山時間がらくらく10時間はかかり、前回もあまりにもキツかったのでもう2度と蛭ヶ岳には来るまい!と思ってましたが自称“丹沢マスター”を名乗る山仲間Aの誘いに断れず(汗)正直不安いっぱいでしたσ^_^;



前回は陽が長かったので8時スタートでしたが、今はそんな時間にスタートしたら下山時に真っ暗になってしまうので追浜を4時出発の今回も塩水橋から6時スタートです


0014_xlarge_convert_20141109182248.jpg

この時期の朝6時はかなり寒く真っ暗だけど登山口まで塩水林道を歩くうちに陽が昇りだし、あっと言う間に明るくなってきました

0005_xlarge_convert_20141109182225.jpg

暗くてよくわからなかった山の色合いも陽が差すとともに気がつけばキレイな紅葉でした

0019_xlarge_convert_20141109182315.jpg

前回、ショートカットのつもりで入ったワサビ沢出合!結局1時間迷い精神的、肉体的にかなり消耗してしまった、わたしの中で一生忘れられない道(笑)

0020_xlarge_convert_20141109182347.jpg

さすがに同じ過ちは繰り返さないけど、やっぱりわかりづらい入口だ

0023_xlarge_convert_20141109182416.jpg

丹沢山まで3時間ひたすら登ります

前回バテた経験を活かし今回は1時間に5分小休止し、適度に栄養補給しながら空腹にしない山登りの鉄則で歩いたら結構高価ありました(笑)

58_convert_20141109182828.jpg

途中、ファイト~1ぱ~つ!と心で言いたくなるような鎖場があるけど3点確保で登れば問題なし!

ただし、下りで薄暗かったらかなりの恐怖だと思いますσ^_^;

0059_xlarge_convert_20141109183034.jpg

鎖場を登り終え、木道までくれば丹沢山はもうすぐそこ♪

0070_xlarge_convert_20141109183100.jpg

山頂は雲一つない澄んだ空!

丹沢で富士山がこんなにキレイに見えたのは初めてかもー(^O^)

73_convert_20141109183129.jpg

蛭行って戻ってくるけど富士山がキレイに見える内に記念撮影!

この地点で9時30分!予定通り順調にここまで上がってこれたので、このまま蛭まで突っ走ります

0077_xlarge_convert_20141109183226.jpg


丹沢山~蛭ヶ岳までは1時間半のアップダウンの繰り返し~_~;

前回はめちゃくちゃキツく感じたけど2回目だからか景色が素晴らしかったからか何とか大丈夫でした

0078_xlarge_convert_20141109183257.jpg

雷岩の間から見える富士山

0096_xlarge_convert_20141109183323.jpg

急斜面は膝にこたえるけど、ここまで来たら後少しなので…

わたしは少し腰がひけましたがf^_^;)

みんなはスムーズに下りてました

97_convert_20141109183347.jpg

山頂にポチッと小さく見える蛭ヶ岳の山小屋

101_convert_20141109183417.jpg

ラスト一山!気力を振り絞り無心で登ったのでこの間ほとんど会話なし~(-。-;

0102_xlarge_convert_20141109183445.jpg

歩き初めて5時間半!11時間40分 神奈川県最高峰 蛭ヶ岳(1673m)に登頂~(爆疲)

0109_xlarge_convert_20141109183509.jpg

風は冷たいけど直射なので気持ちが良い


15分ほどの昼食を済ませ、この日2本目のアミノバイタルで栄養補給し来た道を戻りますf^_^;)


115_convert_20141109183547.jpg

宮ヶ瀬ダムや東京都心部のビルもキレイに見えたけど、下りは口数がかなり減ってました~_~;

116_convert_20141109183614.jpg

3時間の下り一辺倒…

0129_xlarge_convert_20141109183647.jpg

登りの疲れがどっと出て膝ガクガク、太ももパンパン、腰激痛でかなり泣きがはいったけど16時に無事下山できました♪

0135_xlarge_convert_20141109183714.jpg

塩水林道のアスファルトの坂なので1時間のダラダラ下り坂はキツかった~

今度来る機会があったら車に折りたたみ自転車でも積んで爽快に下りたいかも(^_^)
スポンサーサイト

丹沢山~蛭ヶ岳ピストン

05 23, 2014 | 丹沢山

6 Comments
今週こお休みは久々にお天気にも恵まれたので丹沢山~蛭ヶ岳まで行ってきました

毎週火曜っていうと天気が悪くたしか4週間ぶりの快晴だと思います



ガッツリ山歩きをするのは昨年の12月以来なので気持ち的には楽しみ3割、不安7割(笑)

蛭ヶ岳まで行くにははうちらの脚じゃとても夕方までに下山できる距離の山ではないのでO君に車を出してもらい宮ヶ瀬の塩水橋に停め登り始めました

なので今回は来た道を戻ってくるピストンなので下りの写真は撮りませんでした。というか色々あって撮る余裕がありませんでした(笑)


入口からいきなり!


山仲間Tくんも半年前にこのあたりの山クマさんに出会っているので(その距離60m)一応熊よけ対策にポケットラジオを持参!



リュックからFMヨコハマでもガンガンに流しこれで熊よけ対策はOK♪(笑)

後は山ヒルもいるらしいのだけれど地面が湿った雨の日や翌日に出没するらしいので今回は数日雨も降ってないので大丈夫でした



作業車のみ通れる塩水林道を1時間ほどかけて登山口まで歩くのだが、途中10~15分ショートカットできるコースを見つけ少しでも楽をしようとしたのが逆に悲劇の始まり…


迷いに迷って靴の中まで土が入る始末…

泣く泣く引き返し、結局ショートカットするつもりが1時間のロス…( ̄O ̄;)


この1時間のロスは精神的、肉体的にこたえましたが各々水分補給タイム!

早くも日本酒を飲んでるヤツが!(◎_◎;)



そんなわけでこのままのペースで行くと下山すらできるか微妙なので山頂で食事する時間をカットして小刻みに食べていくことにしました(汗)



登山口からは丹沢山山頂まで3時間のひたすら登りです



結構バテバテで上を見ると気が遠くなるのでひたすら足元だけ見て無心で登りました



FMから流れてくるGReeeeNの“風”がとても耳に残り、今は1日1回は聴くほどハマってしまいました(笑)



鎖場ありの急傾斜

落ちたら間違いなく奈落の底でしょう

バンジージャンプも怖くなかったわたしだが歳のせいか腰がひけました(汗)

老いを感じましたね(笑)


山頂付近の山桜(たぶん)

出会ったベテランのハイカーが言ってたので間違いないと思います(笑)



ロスした1時間も含め4時間かかって丹沢山頂到着~(疲)



山小屋に蛭ヶ岳までの時間を聞きに行ったついでにピンバッチを購入♪


丹沢山から蛭ヶ岳までは1時間40分くらいかかるそうなので休む間もなく出発します…^_^;



3.4kmアップダウンをくりかえします(汗)



時間がないのはわかってるんだけど…

脚が限界気味なので5分ほど寝ました(笑)




1時間歩いたけどまだまだ遠い…




歩き始めて6時間(疲)

P1100702_convert_20140523113844.jpg

蛭ヶ岳山頂です~(^O^)

が、感動とかより疲労と下山を考えると喜びに浸ってる時間はなく、このとき時計の針は14時…

こんな時間に山頂へいるのは山小屋泊の人くらいしかいないので喜びにつかる間もなく、とっとと引き返します^_^;

P1100705_convert_20140523113937.jpg

さようなら蛭ヶ岳!

辛かったのでもう来ることはないかも(笑)


今時期、日が長いのが救いでヘッドライトを使うこともなく4時間かけてなんとか18時半に下山…

いや~キツかったぁ^_^;





車でOくんの子安に戻りお疲れさん会♪

脚を引きづりながら向かったお店はもつ鍋の名店“きしや”



この1杯が疲れた身体に染みる~♪



噂どおりもつ鍋もサイコーに美味かったが疲れた過ぎと脚の痛みでたいして呑めれず…



カラダはボロボロになったけど始発から終電近くまでたっぷり遊んだ1日でした*\(^o^)/*

丹沢山(Part2)~今まで1番キツかった下り

04 22, 2013 | 丹沢山

0 Comments
大倉から3時間半 ひたすら登ってきた塔ノ岳

47_convert_20130417205654.jpg

山頂での休憩も束の間

11:35 丹沢山を目指し出発

27_convert_20130417205040.jpg

丹沢山に登頂したいというよりむしろスタンプを押す!という目標だけで歩いていたのはわたしだけだったでしょうか・・・

そのくらい脚腰の痛みで心が折れかかっていたわ・た・し
28_convert_20130417205108.jpg

塔ノ岳からすぐに下りそしてまた登ると何度もアップダウンを繰り返します

29_convert_20130417205129.jpg


今思い返すと丹沢山のコースはアップダウンの繰り返しと景観が良くとても魅力的なルートだったんですね

しかしこの時のわたしにはそこまで考える思考回路が働きませんでした

31_convert_20130417205150.jpg
調子に乗って写真を撮っていたら・・・

こんなに離れてしまった・・・
32_convert_20130417205218.jpg
もう一山登りきれば本日の最終地点“丹沢山”

あ~脚がツラい・・・
33_convert_20130417205238.jpg

12:35 丹沢山(1567m)登頂

大倉から4時間半

予想はしていたがたしかに今までで1番キツイ登りでしたぁ

34_convert_20130417205304.jpg

さぁ目的のスタンプを押しに山荘へ

37_convert_20130417205338.jpg

12:45 予定より遅めの昼食

39_convert_20130417205402.jpg

前日から凍らしてきたビールが良い具合に融けてキンキンですぜ~

山頂ビールにすっかりクセになってしまいました
36_convert_20130417205459.jpg 40_convert_20130417205429.jpg

山荘をバックに記念撮影

達成感にみんな良い顔です
42_convert_20130417205528.jpg

いつまでも休んでいたいが日の落ちた山道は怖いので

13:10 1時間かけて歩いてきた道を戻ります

46_convert_20130417205627.jpg

小さく見える小屋が尊仏山荘

55_convert_20130417205904.jpg

気が遠のくほどわたしには遠くに映ります


50_convert_20130417205738.jpg
大倉尾根とは違い所々に木道があり歩きやすいです
52_convert_20130417205758.jpg


塔の岳までの最後の登りが辛くて辛くて

自分もそうだが相当泣きの入った面してます
54_convert_20130417205827.jpg

14:10 塔ノ岳に戻ってきました

57_convert_20130417205938.jpg

14:25 どんぐりハウス(スタンプポイント)を目指し大倉尾根(バカ尾根)を下ります

58_convert_20130417210000.jpg

17時までに下山する自信がないので我らがエース、鬼脚のTくんにスタンプ台紙を託し脚を引きずりながら下山します

よろしく~~

59_convert_20130417210030.jpg

長い長~いバカ尾根を心のなかで泣きまくり

それでもほとんど休憩をとらずに下りたのでバカ尾根は3度目になるが2時間30分の自身過去最高タイムで下山

66_convert_20130417210114.jpg
しか~し

ここ大倉登山口から一般道を600m歩かないとどんぐりハウスまでいけないので

結果的にアウト・・・
6_convert_20130417203957.jpg

Tくんに託しておいて本当によかった

ありがとーTくん


70_convert_20130417210146.jpg

相鉄線相模大塚駅の平和軒で“おつかれ会”


71_convert_20130417210223.jpg

ビールホルモンがボロボロになったカラダにしみる~

本日の山話などで盛り上がり辛くも楽しく1日になりました

が、あまりの疲労に想像以上に飲めず食えず・・・
72_convert_20130417210239.jpg
スタンプラリー、残すは『鍋割山』

秋ぐらいまでに鍋割名物の“鍋焼きうどん”を食しにいかなくちゃね



~~Fin~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。